女性の訳あり引越しが増える背景には、ストーカー被害の増加が考えられます。
では、その被害に合わないようにするにはどうしたらいいのか?
どうしたら自分の身を守れるのか?

今回は一人暮らしの女性がやってはいけない行動や自宅にするストーカーや性犯罪対策をご紹介します。

控えたいNG行動


・「ながら」歩き
→ 音楽を聴きながら・スマホを操作しながら・電話をしながら
「ながら」歩きは注意がそっちに向いてしまっているので、襲われたときにすぐに反応できず大変危険です。
一見、電話をしながらは安全に思えますが、ついおしゃべりの夢中になり近くにいる犯人に個人情報を聞かれてしまう危険性があります。
もし、何かあった時に電話の相手はすぐ対応できるとも限りません。
110を準備した上での電話をしているフリであれば防犯として有効だと思われます。
・ミニスカート・ハイヒール
→ 必ずそれらの服装をやめろという訳ではありません。
夜道を一人で帰宅するようなときは、何かあればすぐに走って逃げれるようにパンツスタイルやローヒールをおススメします。
・コンビニでの公共料金の支払い
→ 毎回同じコンビ二で公共料金を支払っていると、それだけで一人暮らしという事が特定され危険です。
・郵便受けに鍵がない
→ ダイヤル式に郵便受けが増えてきましたが、古いアパートだと鍵がないタイプである事が多いです。
ダイレクトメール等で個人情報が抜き取られる可能性があります。
小さな南京錠でもいいので必ず鍵を付けてください。

普段の何気ない行動が犯人に隙を見せてしまっている可能性があります。
一人で歩く時は勿論、夜道には特に気を付けてください。

賃貸マンション向け防犯グッツ

防犯対策はしたいが引越す余裕がない、賃貸だから大掛かりな防犯対策が出来ないとお悩みの方も大丈夫です。
比較的お手頃な価格で賃貸物件にも使える防犯グッツはたくさんあります。

玄関
・玄関ドア用補助錠
・覗き見防止具
→ 通常ドアスコープは中からしか見れませんが、とある方法を使うと外から中が見れるようになるのです…カバーは必須

窓 窓からの侵入被害は実は玄関からよりも多いんです。
・窓用補助錠
・窓用防犯アラーム
→ 取付も簡単で窓に取り付けておくと、外から侵入されたときに大音量で警報が鳴り響きます。
・窓ガラス用防犯フィルム

その他
・屋外用センサーライト
→ クリップで簡単につけれる物もあります。

 

警視庁の発表によると、強制わいせつ罪の被害が一番多い時間帯が23時から1時の深夜帯。
帰宅途中や、マンション・アパートなどの中高層住宅内で狙われる女性が増えています。

上記のような防犯対策ももちろんですが、日ごろからの防犯意識も忘れず行動しましょう。