引越しは時間のかかるものだとわかっていても、後の片づけや手続きのことを考えるとなるべく早く終わらしたいものです。
繁忙期にはバイトの作業スタッフが不慣れで作業がスムーズに進まない…なんてこともあります。
しかし、作業スピード以外にも、お客様のちょっとした作業で引越しを早く終わらせるポイントがいくつかあります。

荷造りで業者に貰えないものの確保

・ダンボール(業者による)
・ガムテープ・ビニールテープ・養生テープ
…ダンボールを閉じるガムテープはもちろん、タンスの引き出しを留める養生テープ・配線が分からなくならないように色分けするビニールテープがあると便利です。
・緩衝材(エアパッキン、新聞紙、タオルなど)
 …ダンボールの隙間を埋める食器類の梱包に使用します。
・油性ペン
 …梱包済のダンボールに中身や運び入れて欲しい部屋や場所を書くために使用します。「ワレモノ」は特に目立つように赤で書くことをお勧めします。
・ゴミ袋・ビニール袋

どれも100円均一やホームセンターで購入できるものばかりなので費用もそんなにかかりません。
その他にもはさみやカッターも開梱の際に必要になるので、段ボールの中にしまい込んでしまわないように気を付けて下さい。

スムーズに作業ができる環境づくり

お客様のほとんどは引越しの直前まで荷造りに追われている方がほとんどだ思います。
そこでよく目にする光景は「足の踏み場もないほど散乱した荷物やダンボールの山」です。

ダンボールだかけでお客様自身も生活しずらかったのではないのでしょうか。
同様にその様な環境では作業スタッフも身動きが取りづらくなり、作業スピードに影響がでます。

以下の事柄に気を付けて引越し当日に臨みましょう。

・通路はしっかり確保する
・梱包が終わったダンボールはなるべく玄関の近くに固めてく(積み上げ過ぎ注意)
・ダンボールには2上部と側面の2か所に中身がわかるように書く。

家具の配置

引越し先での作業スタッフに指示を出せば、家具を設置してくれます。
その際に自分の中で配置が決まって居なければ、迷う時間分、大幅な時間ロスになりかねません。
予め、サイズなどを考え、大まかな見取り図を作業スタッフに渡しておけば、搬入作業もスムーズに行えます。

それはダンボールにも言える事です。
梱包の際に使う部屋別に分けて梱包し、段ボールに表記する事で作業スタッフにスムーズに仕分けて搬入して貰えます。
さらに、使う部屋別に梱包しているので、開梱の際の優先順位も分かりやすくなります。

鍵の受け渡し

一番見落としがち、且つ重要なのが「鍵」です。

搬出もトラックへの積み込みも終わり、トラックがいざ新居出発しても、大家さんの立ち合いや鍵の受け渡しが済んでいなければ自身はその場を離れる事が出来ません。
また、作業スタッフだけ先に行ってもらっていても、新居の鍵がなければ、作業スタッフは待ちぼうけです。

そういった待ち時間をなくすために立ち合いの時間、新居の鍵の事前受取などの段取りは、あらかじめつけておきましょう。