ストーカー規制法の定義

ストーカー規制法の正式名称は、「ストーカー行為等の規制等に関する法律」です。
「ストーカー行為」とは、同一の者に対し、「つきまとい行為」※等を反復して行うことをいいます。
ただし、電子メールの送信等に係る部分については、「身体の安全、住居等の平穏若しくは名誉が害され、又は行動の自由が著しく害される不安を覚えさせるような方法によって行われる場合」に限られます。

※つきまとい行為
・つきまとい、待ち伏せ、立ちふさがり、見張り、押し掛け、うろつき
・監視していると告げる行為
・面会や交際などの要求
・粗野・乱暴な言動
・無言電話、連続した電話・ファックス・メール・SNSのメッセージ等
・汚物などの送付
・名誉を傷つける
・性的羞恥心の侵害

被害者は警察へ被害届を出すことで、警察はストーカー行為をやめるように、加害者へ警告をすることが出来、もしもこの警告を無視した場合には、公安委員会が禁止命令を下すことができます。

ストーカー行為の具体例と判断基準

ケース1:元交際相手のSNSでメッセージを連続して送信

元交際相手の女性に対し、拒まれたにもかかわらず、SNSのメッセージ機能を利用して、メッセージを連続して送信した男性。
相手方に身体の安全が害され、又は行動の自由が著しく害される不安を覚えさせるような方法により行われたものですから、反復したストーカー行為に該当します。

ケース2:告白する為に自宅前で待ち伏せ

女性の自宅前で告白するため、待ち伏せしていた男性。
これに対して女性が嫌悪感を抱いた場合、「女性に身体の安全、住居等の平穏が害され、又は行動の自由が著しく害される不安を覚えさせるような方法により行われたもの」といえれば、ストーカー行為に該当することになります。
ただし、待ち伏せ行為が反復してなされる必要があります。
また反復してなされたとしても、女性が情熱的なアプローチだと好意的に捉えていればストーカー行為には該当しません

ケース3:好意を寄せる女性が交際の申入れを受け入れなければ、女性やその家族に危害を加えると脅し、自動車など女性の物を傷つけるなどして、女性に対し交際を要求

好意の感情が女性に受け入れられることや女性がそれに応えて何らかの行動を取ることを望んで上記の行為を行ったものとし、しかも、女性に身体の安全、住居等の平穏が害され、又は行動の自由が著しく害される不安を覚えさせるような方法により行われたものといえますが、反復してなされていなければストーカー行為には該当しません。
ただし、刑法の脅迫罪及び器物損壊罪が成立します。

違反の場合の罰則とは?

被害者に危害を加えたりするおそれがあるなどの悪質なケースを除いてはすぐに逮捕されることはあまりありません。
通常、その前段階として、ストーカー規制法に則って警察から行為者に対して書面または口頭にて警告がされます。
これを無視した場合、悪質だと判断され禁止令、または逮捕の至ります。

また、それぞれに罰則が設けられております。

・ストーカー行為をした場合:1年以下の懲役、または100万円以下の罰金
・禁止命令等に反してストーカー行為をした場合:2年以下の懲役mまたは200万円以下の罰金
・上記以外の禁止命令等に違反した場合:6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金
・示談祖相場:50万円~150万円程度(事案や相手の被害感情によって金額の増減あり)

なお、ストーカー規制法に該当するストーカー行為は、平成29年1月より、被害者の告訴がなくても起訴ができる「非親告罪」となっています。

ストーカー行為を受けたら

ストーカー行為を受けている場合には、速やかに警察に相談し、さらに支援団体や弁護士にも相談してみましょう。
その為にもストーカー行為にあっている証拠集めも欠かさないようにしてください。