引越しにはトラブルが付き物です。
時間に関するトラブル、お金に関するトラブル、荷物に関するトラブル、「知らなかった」では済まされない場合もあります。
弊社に関わらず、実際にあったに荷物トラブル事例を参考に、どう回避すべきかをご紹介したいと思います。

紛失トラブル

荷物は無くなるなんて信じられないかも知れませんが実際にあったお客さまもいらっしゃいます。
代表的な理由としてはこの2つです。

・作業中の盗難
・置き忘れ

盗難
引越中の荷物の盗難は実はそんなに珍しい事ではありません。
その家の家財道具を運び出すわけですから、中にはやはり高価なもの多くあります。
また単身引越など少人数のスタッフで引越しをする場合に、大型家具を運ぶ際には、人手を使うので荷物を積んだトラック周辺には誰も居ないという状況もあり得ます。
そんな引越しの最中を狙って盗難を企てる人もいるので、気が付いたらそこに置いていた荷物が無くなっていた、なんてことはあるのです。

置き忘れ
トラックに積み込む予定の荷物をどこか途中の段階で忘れてしまい、そのまま出発して、引越し元の方で荷物を置き忘れてしまうようなケースです。
すぐに気づき取りに戻れればいいのですが、大抵は搬入先まで気づかず、気づいて戻った時には盗難にあっている、なんて事が多いようです。

このようなトラブルは未然に防げるトラブルなので、作業員はともかく、お客様側としてもこのような事を知っていただき、頭に入れておくことで起こり得るトラブルを防ぐ事も出来ます。