引っ越し作業と同時進行で考えたいのがゴミの処理です。
「引越しを機に家電を一新したい!」
「新しい家には大きな家具が入らないから不要になった」
「引越し時に出る梱包材などのゴミが邪魔」
など、理由やゴミの種類も様々です。
ここでは、大型の電化製品や家具などの粗大ゴミを中心に、引っ越し当日に出たゴミも含めてお話します。

粗大ゴミの処分方法を考えると、基本的には3種類になります。
この3つのパターンに加え、「家電リサイクル法対象商品」の処分方法も確認しておきましょう。

不用品処分業者に依頼する

大型のゴミや不用品を回収してくれる業者にお願いする方法です。
不要ゴミの処分業者の中には、処分と同時に買い取りを行っている業者もあります。

メリット
・基本的に引っ越し当日までに不用品を処分できますので、引っ越しの荷造りがやりやすくなる
・処分を依頼する物次第では買取も行ってもらえるので、処分費用がかからない可能性もある

デメリット
・わざわざ業者を探し、見積もり比較をしなければならない
・見積もりが有料の業者が多く、見積もりだけでおよそ3,000~5,000円程度必要になる可能性もある
・引越前回収がほとんどで、引越当日までその家具家電がなしで生活をしなければならない
・「無料回収」を謳っていたのに、「出張回収料金」「トラックチャーター料金」「人件費」「ガソリン代」などと当日になって色々請求され、有料回収より高くつく悪徳回収業者がいる

行政に粗大ゴミとして回収してもらう

お住まいの各自治体に連絡して粗大ゴミとして回収してもらうのが一番身近な方法です。

メリット
・費用が安い(自治体にもよるが、大きな食器棚で1,500円~3,000円程度)
・PCやスマホで申し込め、回収シールもコンビニで購入できるなど手続きが簡単

デメリット
・回収日に自由が利かない為、最悪の場合引越し後のゴミの回収の為だけに部屋の引き渡しが伸びる(早すぎるの家具なし生活)
・自力でゴミ置き場まで運ばなければならない(引取りに来てくれない)

引越業者に頼む

引っ越し業者でも不用品の処分を請け負っている業者は少なくありません。
もちろん夜逃げ屋特急便も行っております。

メリット
・回収業者を探す手間が省ける
・引越し当日まで処分予定の家具家電を使用できる

デメリット
・回収はしてくれるが、処分費用は支払わなくてはならない
・大手引越業者でも買取をしているところは一部なので、買取希望の場合は別業者を探さなくてはならない

夜逃げ屋特急便
家電リサイクル法対象商品処分・買取可能
面倒な訪問なしの簡単写真お見積り実施中! 量によっては当日でも可能です。
【ゴミ処分プラン】
搬出+不用品処分+搬出+配置 : 5,000円(税込)~
※ゴミの量・市町村によって異なります
【不用品買取プラン】
不用品が買取可能な物の場合 : 基本料金から査定金額をお値引き
※商品の種類や状態により、買取自体をお断りする場合もございます

家電リサイクル法対象商品とは

家電リサイクル法とは、「テレビ」「エアコン」「冷蔵庫」「洗濯機」の4点に関しては製品を処分するとにリサイクルを目的として各メーカーに戻してきっちりリサイクルを行おうという法律です。
これらの家電製品に関しては、自由に捨てるのはもちろん、自治体の粗大ゴミ回収にも出すことはできません。
「家電リサイクル券」というチケットを用意し、特定の業者に回収してもらうしかありません。

家電リサイクル法に関しては、比較的新しい法律でもあり、その回収業者の取り締まりもまだ完全ではありません。
そういったことから違法な業者が多く、、高額な処分費用を請求された上に、きちんとリサイクルせずに最悪のケースでは不法投棄をして終わらせるなんて業者も存在します。
こうした業者を素人で見抜くのは難しく、ネットなどで自力で探すのはあまりオススメできません。